アクセス解析
姫の望遠鏡
姫の望遠鏡
なぜ という疑問から始まり、オールジャンルでトピックを見つけてきて、書いてみたいと思います。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[メール問題]送受信者は同一人物の可能性 民主調査
 ライブドア前社長の堀江貴文被告から武部勤・自民党幹事長の二男への「送金指示メール」問題で、メールの差出人と受取人が同一人物の可能性が高いことが、27日分かった。民主党幹部が認めた。同一であれば、不自然さは否めず、民主党が公開したメールの信ぴょう性はさらに揺らいだ形だ。同党の鳩山由紀夫幹事長は28日に記者会見し、メールの真偽に関し、調査結果を公表する。

 鳩山氏は27日午前、差出人と受取人が同一人物との情報について「そういう説もある」と記者団に述べた。さらに「真実であった場合、なぜ自分から自分に送ったのかが問われる。どういう目的でなされたのかも判断しなければならない」と語った。


 電子メールの冒頭には、差出人や受取人、タイトルなどを示すヘッダーと呼ばれる部分がある。差出人と受取人が同一なら、民主党が公開したメールは堀江被告が出したオリジナルのものではないことになる。情報提供者が第三者に転送したメールを第三者が自分に転送したなどの可能性もあるが、なぜ転送する必要があったのかなど、疑問は尽きない。


 民主党が17日に公開したメールは、差出人、受取人とも黒塗りになっていた。野田佳彦国対委員長によると、送信者の元のアドレスを示す「X―Sender」の欄は情報提供者によって事前に塗りつぶされ、同メールを衆院予算委員会で指摘した永田寿康衆院議員は確認していない。ただ受取人について野田氏は「永田氏が確認している」と説明していた。


 野田氏は26日のテレビ朝日の番組で「仮に(メールに)多少の加工があったとしても、内容にはかなり真実性を感じられる」と述べたが、同一人物説には触れていない。永田氏は28日、鳩山氏と別に記者会見して一連の経緯を説明し、国会の混乱を招いたことを謝罪する予定だが、永田氏が事前にどういう内容を自身で確認していたかが焦点となりそうだ。


詳しいことはわかりませんが、誰かが誰かに対する罠であるかもしれませんね。
この事件の真実よりも、地検の本来の目的に目をむけたほうがいいかもしれませんね。
その目的がわかっている人は、それを隠蔽しようとする。
その罠かもしれませんね。
真実っていつの時代もわからないでしょうね。
だから、歴史はすきではありません。
このライブドア事件は歴史となるのでしょうか。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.